• 大学編集センターの基本的な考え方
  • こうすれば良くなる 編集・デザインのポイント
  • ワークフロー 皆さまの作業を軽減する大学編集センターの提案
  • 職員の皆さまからの声
  • 楽しい印刷物 イラスト・写真をふんだんに使う
  • STAFF BLOG 大学編集センタースタッフのブログです。

会社概要 会社情報

■ 株式会社ナナオ企画大学編集センターの専門業務

  当社は、創立以来35年にわたり企画・編集、デザイン・制作の業務に取り組んでまいりました。その例を紹介します。

企画 お客さまのご要望を汲み、それを上回る「感動と驚き」を提案します。

お客さまのお考えや要望に私たちの閃きを加えて、考え方と見せ方を明確にすることが企画だと考えます。

お客さまが印刷物や出版物を発行する目的、ホームページを作成する目的を知ること。それが編集・制作物に携わる私たちの原点です。お客さまのご要望をしっかりと把握したうえで、コンセプト、戦略、展開プランを提案します。

企画例

TOPに戻る

編集 いつも読者の視点を忘れず、「見やすさ分かりやすさ」を演出します。

つねにアンテナを張り巡らし、情報を収集・整理。時代のニーズをとらえた情報の見せ方を編み出すことが編集だと考えます。

お客さまがお考えの読者を意識して編集いたします。お客さまからいただく原稿を基に、レイアウトや文字の大きさなどの見やすさ、タイトルや図表の挿入などの分かりやすさなど、読者に感動・納得していただくための工夫をいたします。

編集例

TOPに戻る

デザイン 編集・制作物の意味を理解し、読者の心に響く「イメージとインパクト」を表現します。

シンプルで洗練された機能美や見た目の美しさにくわえ、企画・編集のコンセプトを視覚的に表現することがデザインだと考えます。

編集・出版物の特性を理解したデザインをします。お客さまのトーン&マナーを守りつつ、それぞれのケースに応じて読者に好印象を与えるデザインをします。もちろん、高い質を維持するためのきめ細やかさは忘れません。

デザイン例

TOPに戻る

制作 お客さまのスケジュールを最大限考慮し、「正確さとスピード」を実現します。

お客さまの立場に立って考え、きめ細やかなコミュニケーションにより信頼を築き、計画に沿った進行を管理することが制作だと考えます。

お客さまとスケジュールを共有、ムリ・ムダを省き作業をスピーディに進めることで、納期に対して余裕をもった進行を図り、確認作業を繰り返すことで、結果的に正確な印刷・出版物、ホームページを作成いたします。

制作例

TOPに戻る

ホームページ お客さまを深く知り、閲覧者にお客さまへの「関心と信頼」を喚起します。

見る方の購買欲や行動意識に働きかけ、アクションを引き出すためのマーケティングツールがホームページだと考えます。

ホームページをマーケティングの一環として位置づけ、いかに多くの方にご覧になっていただいてよい印象をもってもらうかをポイントとし、企業・団体や商品・サービスの強みを理解していただけるよう考えて作成いたします。

ホームページ例

TOPに戻る

お問い合わせフォーム