• 大学編集センターの基本的な考え方
  • こうすれば良くなる 編集・デザインのポイント
  • ワークフロー 皆さまの作業を軽減する大学編集センターの提案
  • 職員の皆さまからの声
  • 楽しい印刷物 イラスト・写真をふんだんに使う
  • 株式会社ナナオ企画 編集一筋に32年
  • STAFF BLOG 大学編集センタースタッフのブログです。

ワークフロー

大学編集センターの最大の特徴である「見やすく」「分かりやすい」出版物・印刷物を作成するために、私たちは編集・デザイン→制作・チェック→印刷・製本→納品のすべての工程において、キメ細かい作業と行き届いた心遣いを発揮しています。

私たちが行う進行管理のポイントは、以下の3点です。
   ①今まで以上に「見やすく」「分かりやすい」出版物・印刷物を作成する。
   ②「事前準備の作業」と「制作開始後の作業」の洗い出し・整理を行い、スケジュールを設定する。
   ③貴大学と弊社の役割を明確にし、プロの役割を持って担当者様の業務をサポートする。

■学生ハンドブック・課外活動パンフレット等を作成するフロー

下記の「項目」は例です。各大学様の事情に合わせた提案をいたします。

大学担当者様

 

大学編集センター

  • ●前年度までの不十分な記載についてのご検討
  • ●今年度方針の見通しについてご説明(学部・学科・専攻・コース、カリキュラムなど)
  • ●概略スケジュールと予算のご検討

第1回目
打合せ
(ヒヤリング)

  • ●訪問・ごあいさつ
  • ●ご要望・変更事項の確認・整理
  • ●スケジュール・コストの検討・確認
  • ●進行方法についての検討
  • ●撮影・取材の有無について確認

  • ●上記事項の精査
  • ●企画と編集方針の確認・整理
  • ●撮影・取材の年間スケジュール策定

  • ●新規案件については「0校正」※の提出準備

※ご担当者の負担を軽減するために「前年度印刷物」を新しく編集・デザインしたものを事前に作成し提出いたします。

  • ●編集・デザインのご検討→決定
  • ●スケジュールのご確認

第2回目
打合せ
(ご提案)

  • ●上記②③を反映して以下を提出
    • 新しい編集/デザイン案
    • スケジュール
    • 見積書
  • ●前回印刷物のプリント(原稿用)提出
  • ●新規案件は「0校正」提出
  • ●上記②の企画・編集方針に則って撮影・編集ライター等のスタッフィングの準備

  • ●立ち会い

撮影・取材

  • ●撮影および学生さんへのインタビュー等

  • ●右記の前回印刷物のプリントに変更指示を入れていただく
  • ●大幅変更や新規事項はデータでご支給

入 稿
打合せ

  • ●変更・新規事項の確認とポイントを理解
  • ●スケジュールの再確認
 

編集・デザイン
制作

  • ●正確に「見やすく」「分かりやすく」を念頭において、理解しやすくするための編集・デザインを行います。
  • ●用字用語の統一はもちろん、固有のことばの整理、文脈のチェックなどキメ細かい制作作業を行います。
  • ●その他ご要望に応じてフレキシブルに対応いたします。

  • ●右記の説明に基づき不明点等のご確認

校正提出

  • ●校正・チェック
  • ●新規事項の指示

校正・チェック
(通常3回)
修正作業

  • ●校正・チェックの指示をいただいた箇所は「間違いのない正確な作業」を行います。
  • ●弊社チェック時の不明点は「ていねいに問い合わせ」いたします。
  • ●緊急時の変更にも速やかに対応いたします。

  • ●校正・チェック
  • ●「校了」のサイン

校 了

  • ●最終作業まで“緊張感を持って”正確な作業にあたります。

納品形態・場所等の指示

印 刷

  • ●複雑な印刷・製本作業がある場合、現場での立会い検査を行います。

立会確認

納 品

  • ●納品の立会い・検査は、原則的に営業担当者が行います。
  • ●複雑な納品ニーズにもお応えいたします。
     

お問い合わせフォーム