履修要項大学編集センターでは、学生のほしい情報がすぐ見つけられる、わかりやすく見やすい誌面づくりに心がけています。

大学編集センターのコンサルティングポイント

目標:学生の皆さんが4年間の学修を見据えることができる。さらに当該の1年間で学ぶ科目、取得する単位を理解し履修登録ができる。

編集・デザインの基本的な考え方

(例)

  1. 学部・学科の教育目標を分かりやすく表現する。
  2. カリキュラムを理解し卒業までの学習計画を立てるための「必読本」とする。
  3. 取得できる資格を整理立てて表わし、資格取得の学習意欲を高める。

履修要項の大切さを理解してもらう

(例)

■大学の「方針」を明確にした上で履修について説明する。

■カリキュラムマップを作成する。

カリキュラムマップは学生の皆さんが修学する上での「ガイドマップ」としての役割を持ちます。
科目ナンバリングと併せて体系的に見ていただけるようご提案しています。

科目・単位を分かりやすく表記する

(例)

  1. 卒業要件やさまざまな資格取得に必要な科目・単位数を学科ごとに表記し、学生が間違いなく理解できるようにする。
  2. 入学年次によって異なるカリキュラム(新・旧)の表記を明確にする。

大学編集センターは「履修要項」の電子化(Web化)を推奨しています。お気軽にご相談ください。

大学編集センター独自のワークフロー

  1. 大学編集センターは企画・編集のプロ集団です。その経験・知識を活かし出版物・印刷物の提案を行います。
  2. そのために大切なことが「お客さまのニーズをとらえる」ことと「スムーズな仕事の進め方」と考えています。
  3. 私たちは「原稿をいただく」→「印刷する」というパターンではなく、出版物・印刷物の目的とその効果を考え、大学編集センター独自の「ワークフロー」に基づいて作業を進めてまいります。

大学編集センター独自のワークフロー

お問い合わせフォーム