学生生活ハンドブック大学編集センターでは、多数の大学の傾向を分析し、掲載情報のセレクトや見やすい誌面のご提案をいたします。

大学編集センターのコンサルティングポイント

目標:学生の皆さんが快適な学生生活を送るため、必要情報をていねいにまとめた使いやすい冊子を提案する。

編集・デザインの基本的な考え方

(例)

  1. 掲載内容を吟味し、コンテンツを順序だてて整理・分類し、必要な情報や掲載順をご提案します。
  2. 若い感性に訴える親しみやすいデザインに心掛けます。
  3. イラストや写真、図表を用いることで「視覚的に」理解できるようにします。

学生生活ハンドブックの目的を明確にする

(例)

  1. 大学生活をスタートするにあたって、大学を知るための「基本情報」が掲載されている大切な冊子であることを知らしめます。
  2. 学生生活を豊かに・大切に過ごし、大学に対する信頼や愛校精神を育むことができるものを目ざします。

コンテンツ(情報)を整理して使いやすい冊子にする

(例)

  1. 大学の基本指針(ポリシー)・基本情報・学生生活の心得など、各コンテンツを整理することで、知りたいことが「すぐに分かる」冊子にします。
  2. 「インターネットのトラブル」、「災害時の対応」など社会の状況に沿ったコンテンツ提案も可能です。
  3. 一方的な情報発信ばかりではなく、「コラム」等のコーナーを設けることで能動的に読んでもらえるようにします。

大学編集センターは「学生生活ハンドブック」の電子化(Web化)を推奨しています。お気軽にご相談ください。

大学編集センター独自のワークフロー

  1. 大学編集センターは企画・編集のプロ集団です。その経験・知識を活かし出版物・印刷物の提案を行います。
  2. そのために大切なことが「お客さまのニーズをとらえる」ことと「スムーズな仕事の進め方」と考えています。
  3. 私たちは「原稿をいただく」→「印刷する」というパターンではなく、出版物・印刷物の目的とその効果を考え、大学編集センター独自の「ワークフロー」に基づいて作業を進めてまいります。

大学編集センター独自のワークフロー

お問い合わせフォーム